本や音楽、映画のレビューです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
カールじいさんの空飛ぶ家
評価:
---
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
¥ 2,280
(2010-04-21)
コメント:じいさんかわいいな

PIXERの最新作。
特番に宮崎駿がでたりしているのも宣伝としてはうまいと思う。
絶大な人気を持つアニメ監督がほめている作品、これほどの強力な宣伝はやろうと思ってもなかなかできない。
まぁーディズニーならできるのかな。ただ、そうしょっちゅうは出来ないと思うけど。

こちらもアバターと同じく3Dで鑑賞。
何が一番立体的に見えたかっていうと、映画が始まるときに流れるディズニーのシンデレラ城かな。
本編ももちろん3Dなんだけど、アバター同様立体的であることを意識するのは最初の30分くらいまで。特に最初の10分くらいは視点のあわせ方がよくわからず酔いそうになる。
でも、それ以降は3Dであることを忘れてしまうというか、意識になくなってしまう。
物語の世界に入り込んでしまっているせいなのか、ほかの観客も「あんまり3Dって感じしなかったね」と見終わった後喋っていた。
どれだけ技術が進化しても、人間自体の能力は技術と共に進化するのではなく、アナログのままなので、3Dという技術を享受するには「3Dメガネ」が必要、というのがもどかしいところ。
攻殻機動隊の世界のように、人間も一部デジタル(電脳?)化すればメガネもいらないだろうにね。

と話がそれました。

じいさんが妻亡き後、自立するまでの大冒険を描いているのだけど、その大冒険がタイトルよろしく「風船をつけた自宅」に乗っていくというのだから、すごい。
自宅が立ち退きにあっているから、家ごと飛び立つって発想が大胆だなー。
でももっと意外だったのが、最終的な立ち退きのきっかけが再開発担当の工事業者を殴って怪我をさせてしまったため、っていうところ。

まぁ悪意はなかったとはいえ暴力沙汰きっかけで老人ホームにいくことになったという展開にちょっと嫌悪感が・・・。でも、老人って悪意がなくてもこういうこと起こしちゃうってことあるだろうなとかは思います。(老人じゃなくてもね)

風船をつけた家に乗り、途中からその家を引っ張りながら目的地を目指すじいさんに降りかかるアクシデントの数々。
それが最終的にじいさんが亡き妻の思い出だけに浸るが故の冒険から、思い出から脱却するための冒険へと変わっていくさまはさすがだなぁと思った。
もしこれが亡き妻との思い出に浸ったまま、亡き妻と夢見た土地にたどり着いていたら、それはそれでよいかもしれないけど、このじいさんのその後が空っぽになってしまう。
亡き妻が望んでいたのは、自分との思い出だけに浸り、生きていくのではなく、自分との思い出に新たな思い出を積み重ねて彼自身の人生を歩むこと。
目標が変わることで、この冒険は終わりへのスタートではなく、始まりへのスタートになったのだ。

エンドクレジットで人生を謳歌するじいさんのすがたはとてもほほえましい。

ただ、なんかよくわからないけど、全体的にぐっとこないんだよなぁ。
回想シーンはすごく感動的だったんだけど、それ以降は結構さらっとしていて、胸に来るものがなかった。感動大作ではなくて、ほんとうにじいさんの冒険活劇なので感動すること自体正しくないのかもしれないけど。
| 16:49 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
アバター
評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,980
(2010-04-23)
コメント:ビジュアルが日本人には非常に受け入れにくいとおもう。

3Dでみた。
以前、まだ完成していない段階で15分ほどの映像を3Dでみたんだけど、そのときは3D映像のすごさに圧倒された。
でも、多分これって30分くらいみていると慣れちゃうんだな。
完成した本編をみたら、途中から3Dであることを忘れてしまっていた。
2009年は3D元年というだけあって、いろいろな3D映画がでたけど、3Dは映画の最終的な評価を左右するものではなくて、あくまで視聴方法の1つなだけであって、結局は作品の脚本、演出など今までの映画の評価の基準となるものに影響を与えるものではないと思う。

ということで、結論から言うと、すごく無難にうまくまとめているという感じ。
良いお手本を見ているというか・・・。
かゆいところに手が届くというか・・・。
ひとことでいえば優等生な作品だと思う。
惑星に生活する原住民のしなやかさな体、幻想的な植物、ロボットのような動物の俊敏な動き・・・。
どれをとってみてもCG(モーションキャプチャー?)の進化には目を見張るものがある。
今回特に人物の表情も演者の顔だけで100近いセンサーをつけて微細な表情の動きをキャプチャーしただけあって、(ほぼ)すべてがCGであることを忘れてしまうほどだった。
そして、その映像のすばらしさにあわせて物語も起承転結が実にきれいにまとまっており、伏線も無理なく最後にはまとまっていくさまは賞賛に値すると思う。
また、2時間40分もあるとたいてい途中でわれに返ってしまうのだが、物語のテンポもよかったので気にならなかった。

ただ、ここまで良い作品でありながら前作ほどの大ヒットにつながっていないのは、そのビジュアルのせいではないだろうか。
青く、コアラのような鼻をした原住民の姿は初見ではかなりインパクトがあり、特に私の知り合いの女性の多くが「なんかきもちわるい」と不評だった。
これがもし肌色で地球人(?)として見目麗しきビジュアルだったならば、おそらく「タイタニック」でジェームス・キャメロンを知った人の多くの女性も映画館に足を運んでいることと思う。

たしかに、人間とは全く別のビジュアルにしないことにはアバターを使う必要性がなくなってしまうだろうし、地球外の生物なのに、ビジュアルが同じではおもしろくないだろうが、これが作品の興行成績に多大な影響を与えてしまっていることは想像に難くない。
アメリカなど多人種の国ではあまり気にならないのかもしれないが日本では特にこれの影響は大きいと思う。

あと、個人的に気になったのは、地球外の星にある資源を採掘するために原住民が邪魔だと、最初は懐柔作戦の一環として薬、教育を与えたが、うまくいっていないという設定だ。
懐柔作戦として主人公が星に到着して、原住民と会話をする際に、原住民が片言の英語を話すのだが、途中からは非常に流暢な発音で英語を話しているのだ。
優秀な人種なのかもしれないが、いきなりやってきた他の星の人間が教えた英語を素直に受け入れ流暢に喋るというところに、いささかの違和感を覚えた。
日本人が英語を喋るのさえ難しいのに、ほかの星の人種があれだけ流暢に喋るのって・・・。
これは意思疎通ができてこそ物語が展開するのであって、やむをえないのだろうけど。


ということで、満点とはいいきれず・・・

★★★★☆
| 15:55 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴールデンスランバー
評価:
---
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 3,618
(2010-08-06)

http://www.golden-slumber.jp/


2008年本屋大賞となった本作は人気作家伊坂 幸太郎が原作の作品である。
最近の原作本の受賞後の映画会社による映像権の争奪戦が著しいが、この作品もかなりの争奪戦だったようで世間のブログをみると「映画化に30社以上」が名乗りを上げたそう。

本作の主役は堺雅人演じる青柳という名の青年。
彼がある日突然無実にも関わらず首相暗殺の実行犯として指名手配され、仙台の街を逃げまくるといういわゆる逃走劇である。
2時間20分近くある本作で主人公青柳を演じる堺はひたすら走りまくっている。仙台の街を走り抜けるロケはさぞかしたいへんだったろうなと思いつつ。

さて、本題。

実は私、この映画の原作を読んでいない。
全くの予備知識無しで拝見した。

一言で感想を述べるなら、「悪くないけどとにかく長い。」というところか。
原作は大ヒットした小説であり、人気俳優が主役、監督は、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』でこれまでにも伊坂ワールドの映像化を手がけた中村義洋ということで、期待度も高いのは当然なのだけど、小説を丁寧に映像で描き直していった結果、やや中だるみに近い印象を受けた。
もちろん小説のほうが映画より詳細に描かれているので話としては長いのだけど、映像化するにあたって、もう少しかいつまんでもよかったんじゃないかと思えるような気がしたのだ。
原作を読んでないのに。

どのシーンも重要ではしょれないのは重々承知だが、それでも監督や脚本の力量でそこをうまくまとめてもらえたらもうすこし集中してみれたかもしれない。
そもそも集中が切れるのは多分小説でも読者が指摘している「都合のよさ」のせいかもしれない。
どうして主人公が青春時代に友達が利用していた原っぱの自動車(しかもバッテリーが上がって動かない)に向かおうとするのか、そして青春時代の元恋人がどうしてバッテリーあがりの車に主人公がくるかもしれないと、新しいバッテリーを持って古い車に向かいバッテリー交換をするのか、これだけに限らず、理由が明確ではない偶然の重なりが物語に必須のエピソードとして組み込まれている。
偶然は偶然なりの弱いエピソードに組み込むか、大事なときだけに組み込まないと、物語自体の進行において重要な部分が偶然続きだと、みているこちらはしらけてしまう。
つまり、この部分で集中が切れてしまうのだ。

Read more ...
| 11:51 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
食堂かたつむり
評価:
小川糸,高井浩子
キングレコード
¥ 2,926
(2010-09-01)

★ネタバレです。

ベストセラー作品を映画化ということで、映画「食堂かたつむり」を試写で見る。
なんの予習もなく、つまり原作を読まず見たので、小説に対する批評ではなく、素直に映画のみの批評ということを予めご了承願いたい。

▼主役倫子の設定
主役の柴咲コウが限りなくノーメイクのようなメイク。そばかすいり。
これが主人公の素朴さを出してて、柴咲自身のはっとするような美女というイメージをかき消している。
服装もいわゆる森ガールというべきなのか、たしかに素朴でナチュラルなんだけど、森ガールとはちょっと違うんじゃないかと思いつつ。
そして今回柴咲は声のでない役柄なので殆どしゃべらない。
会話は単語帳のようなものにささっとペンで書いてそれを見せる、ということで成立している。
声を失っているというのが彼女が失恋で何もかも失ったという状況をうまく伝えていると思う。
きっと、家財道具一切なくしたってだけでは彼女の大きな喪失について、きっとそんなに伝わりきらないと思うので。ただ、声をなくしたという女性が料理で人を幸せにする、という設定をみただけで、殆どの人が最後は彼女が彼女の料理で自分の声を取り戻すんだろうなとわかってしまうのはしょうがないとはいえ、もう少し意外性もあって良かったかなと思う。
料理を作ることがメインになっているとはいえ、この物語の肝は喪失と再生なのだろう。
だったら、もうすこし声の出せない彼女でもその心情を描くシーンが有っても良かった気がする。
もちろん、ふくろうのエピソードとか母との関係などで描かれているけれど・・・。

▼人との関係性
同じ村の同級生が倫子の料理を友達を連れてやってくるエピソードが個人的にはすごく気持ち悪かった。虫じゃなくても良かったんじゃないかなって思ったんだけど、それは友達が嫌がらせで、というのなら納得が行く。しかし、さわやかな食堂でのエピソードに突然挟み込まれるエピソードにしてちょっとエグい。しかも友人が故意にやったことを打ち明けたあと、倫子にそれに対するリアクションがないまま、最後、母親の結婚パーティーに普通に参加してるのにびっくり。
同級生の妬みに対する解決がなされていないんじゃないの?と最後まで気になった。
小説ではそのあたりちゃんと解決しているんだろうか・・・。
あと、突然訪れる主治医。そして主治医との結婚。
あれは昔離れ離れになってしまった彼なの?
ようやく巡りあえて、やっと二人が結ばれるってことなのかそれとも、ぜんぜん違うのかが微妙にわかりづらかった。話の流れ的には関係ない人だとしたらなんで今まで結婚してなかったのに、この人とは簡単に結婚を決意するのだろう?と疑問が生まれてしまうので、多分昔の恋人なんだろうなと結論づけたけど、映画ではセリフを聞きそびれたのかそのあたりがわからなかった。

▼ごはんでしあわせになる演出
倫子が作った料理で幸せになる演出がちょっと大げさ。
まぁ全体的にミュージカル風というか中島哲也のような鮮やかなオブジェクトの扱い方がなされていたので、そういう意味ではその中にうまく収まっているとは思うけど、料理を食べる度に漫画みたいに食材に囲まれてキラキラ〜っていうのは、そのたびに我に帰ってしまう。
特に、老婦人のエピソードの食べる度にどんどん若返るところが極端すぎる。
舞台ではあれくらいしてもいいけど、映画であれやっちゃうとなんか陳腐すぎて・・・。
あと、お妾さんという言葉。
べつにあれだと、お妾さんじゃなくてよかったんじゃないかなと。
愛する夫に先立たれて、失意にくれる老婦人だったら夢に夫が出てきて「どうせまたすぐにあえるじゃないか」的なことをいわれたといったあとの展開も素直に受け止められたのに。
あれでは本妻はどうなるの?と気になってしまう。あの世でも本妻は本妻でしょ?
しかも、倫子自体が不倫の子といわれていたというエピソードと老婦人はお妾さんという設定が映画全体をなにか猥雑なものにしている感じがしてそこもちょっといただけなかった。
それといえば、ブラザートムが演じる男性も離婚した妻が娘を連れて行って、という何気に寂しい状況。ああいうリアルな現実とあの世界のメルヘンなかんじがすごく乖離していて、わざとなのかもしれないけど、物語自体を素直に受け止めきれなかったのは事実。
豚を屠殺して食べちゃうっていうのもリアルだし、最後に鳩が激突して死んだのを食べるっていうのもリアル。メルヘンだけじゃなくて実際は食というものは「いただきます」という言葉に端的にでているとおおり「生物の命をいただきます」ということなんだっていうのをアピールしてるのかな。
でも、リアルとメルヘンの極端な行き来が見ているものをどっちつかずの気持ちにさせている気はする。あと、ぬか床のエピソードがあんまり生きてない。
このぬか床をもっと親子のエピソードに絡められていたらいいのに、中途半端すぎる。

▼本当の主役は母親かも
この物語のキーマンは倫子の母親。
この人がいなければこの映画は30分ももたないかも。
それくらいアクが強い。田舎なのに高級な生活。しかも豚と。
なんで豚?
まぁそれはいいとしても、そこまで高級な生活ができる生活基盤があのパブ(?)の収入だけでまかなえるとは思えない・・・。
謎が多いわりには単純に一途な女で娘思いのいいお母さんだったっていう。
あんまりひねりがない。でもきっとこの人のほうが主役よりいいキャラ。
アナザーストーリー的に展開出来そうなキャラだと思う。

▼結局よくわからない
雰囲気で楽しむ映画といえばそうかもしれない。
お料理がおいしそう!!っていう部分だけならそうだなーと。
ただ、前述した通り、どっちつかず過ぎて、妙な違和感だけが心に大きく残りそうな作品であることは事実。
笑っていいのか、本気なのかわからない。
誰向けなんだろう、この映画。

★★☆☆☆
| 17:08 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
スター・トレック
評価:
---
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥ 2,985
(2009-11-06)

 スタートレックっていうと、あのテレビシリーズをまず思い浮かべると思うのですが、これは映画作品。しかも、J・J・エイブラムス監督作品です。
JJは「クローバーフィールド」という「ハチミツとクローバー」的なほんわかムード作品と思われがちで実はぜんぜん違うパニック映画という作品を作った人です。
「ゴジラ」+「ブレアウィッチプロジェクト」=「クローバーフィールド」と思っていただければまぁ、そんなに遠くない。
それはさておき、そのJJが別にスタートレック好きでもないのに製作したという作品ですが、本人の言うとおり、熱狂的なファンでなかったからこその新しい「スタートレック」という作品がそこにはありました。

とはいえ「スタートレック」についてはわたしもほとんど詳しくないので、ここが違う!とか具体的にいえないのですが、「スタートレック」を知らなくても楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっています。
もちろん、TVシリーズを知っていると楽しめる部分はいろいろあるみたいです。

キャストについてですが、主役のカーク船長役は新進気鋭の若手俳優クリス・パイン。
Mr.スポックが「HEROES」でサイラー役としてしられるザカリー・クイントだったりします。ヒロインはジェームズ・キャメロンの「アバター」で元の顔がぜんぜん映らないゾーイ・サルダナ。
そして敵役に特殊メイクでこちらも元の顔がほとんどわからないエリック・バナ。
あと、おまけ的にウィノナ・ライダーがちょい役ででています。それ以外は私はあまりわからなかったなぁ。
そう、この映画は話題作でありながら、あまり著名なベテラン俳優が出演していません。主役のカークを当初はマット・デイモンがやるという話もあったのですが、結局ほぼ無名のクリス・パインが演じることになりました。
監督は「結果的によかった」とインタビューで述べていましたが、確かにこの作品はTVシリーズの以前を描いているので、あまり著名な役者が演じると、TVシリーズの役者とは別キャラクターのように思えてしまうこともあるでしょうから、私もこのキャストでよかったと思っています。
特にハマリ役だなと思ったのがMr.スポック役のザカリー・クイント。
あの非常に個性的な容姿がこの映画でも見事に再現されていて、TVシリーズのキャラクターとつりあっていました。
「この彼が歳を取ってああなるんだな。」と自然に思えるというのはTVシリーズを尊重したキャラクターづくりをしているってことでしょうか。

全体的に、テンポもよく、大人気TVシリーズのプロローグとしてもSF冒険活劇としても楽しめるつくりだったと思います。
このキャストでもう少し事後の話もあと、1,2作作ってもいいんじゃないかなとは思います。興行成績も全米では公開20日間で興行収入200億を突破という話もありましたし。ただ、JJがやるかどうかによるとは思いますけどね。
| 09:52 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
空気人形
評価:
---
バンダイビジュアル
¥ 2,952
(2010-03-26)


 人形なのに、もってはいけない心を持ってしまった主人公を軸に物語は描かれる。
この人形がこの世に命を受けた理由は一般的な人形とは違い、かなりシビア。
というのも、彼女は性欲の処理として使われるラブドールなのだ。
当然、持ち主の男に抱かれる。抗うことなどできない。なぜなら人形だから。
そんな中、ある日突然人形は心を持つ。
心を持つことで知る外の世界、持ち主とは違うさまざまな人間。
外見こそ同じだが、中身が空気か空気でないか、燃えるごみか燃えないごみか、区別はできてしまう。
だけど、人形ではない生身の人間も、実のところ、心は空虚なのだ。
物理的に空虚かそうでないか、というと区別はできるが、切り口を変えれば誰しもが空虚であることをこの映画はまざまざと見せ付ける。
過食症のOL、加齢気味の受付嬢、世の中の事件を自分が犯人だと思い込む老婆、単身赴任(?)のレンタルビデオ店長、元代用教員の老人、そして人形が恋する男性もまた心に空虚を抱えた若者だった。
誰しもが空虚で、それを解決する術を持たず、現状に甘んじている。
空気人形が心を持つことで、それは満たされるのかといえば、実はそうでもない。
愛情で満たされればすべては解決する、という短絡的な描写はない。
結果、物語は悲劇を迎える。
唯一、悲劇の後に迎える美しい朝と彼女の姿を見つけるOLだけが、この空虚で鬱積した世界から抜け出すきっかけを見つけるような描写で物語りは締めくくられるが、そこに続く答えは誰も知らない。

是枝監督が描きたかったのは人形の目から観る「空虚」と、そのキーワードで結び付けられている人間の孤独であり、絶望であり、そして希望なのだと思う。
ただ、表面的に観ると、グロあり、エロありで、ここにナンセンスでも加わるとかなり前衛的な作品になってしまいかねないのも事実。
そこのギリギリで食い止めて、現代を描く大人のための寓話として成り立たせようとしているのが演出やセットから見て取れるのがせめてもの救いかな。
ペ・ドゥナのかわいさと美しい裸体は見る価値があるが、大胆(を通り越した)な性描写は目を伏せてしまうかも。デートではあまりお勧めできない気がする。

| 15:08 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
スラムドッグ$ミリオネア
評価:
---
---
---
()
コメント:主人公役の男の子は実際にヒロインとつきあっているらしいよ。

アカデミー賞発表前に 試写会で観たんですが、確かによくできています。
タイトルがミリオネアだから、あのクイズ番組に関係しているのかなって思ったらまさにそうで。
それだけ聞くとなんかおもしろくなさそうなんですが、クイズミリオネアと主人公の人生が見事にシンクロしててうまいんですよね。まぁ実際にはこんなうまいことクイズの質問が自分の知っていることばっかりではないと思いますが、100%ないとはいえないわけですしね。

今回、物語の舞台はインド。
しかも主人公はスラム街の出身です。
スラム街でいかにこどもが生き延びるか、それは日本の子どもには考えも及ばないくらい過酷なものです。だけど、子どもって適応能力に長けているのか、自分が置かれた状況に即して生きていくすべを見つけているのです。
主人公も、孤児となってから兄と2人でたくましく生きていきます。
その生きていくための術が彼の知識の全てですが、彼の知識は決して学力というものさしでは測れない奥深いものです。
その知識がまさかこんなクイズ番組で役に立つとは本人も思い描かなかったことでしょう。
そもそも、主人公は学力や知識に自信があったわけではありません。
ただ、幼い頃にであった美少女に再び会えることを願って主人公はテレビに出るわけです。
そのあたりの手法は他の映画でもありがちではあるのですが、この映画ではその特に斬新でもない手法の中にキラリと光る何かがあるのです。
ダニー・ボイル監督にあらかじめそのような意図があったのかは知りませんが、ありがちなようでありがちではないこの物語をスラムの現実をベースにすることで、リアリティのある現代のおとぎ話たらしめたのは賞賛に値するでしょう。

アカデミー以外にもこの作品は多くの受賞歴があります。
しかし、アカデミーでの第81回アカデミー賞最多ノミネートはデヴィッド・フィンチャーの「ベンジャミン・バトン数奇な人生」だったことから、「スラムドッグ〜」はとらないのでは?という憶測さえでていました。
しかしふたをあけてみると圧倒的なまでの「スラムドッグ〜」の受賞。
「ベンジャミン〜」は主要部門に軒並みノミネートされていたのに、主要部門ではひとつもオスカーを受賞することは出来ませんでした。
コダックシアター全体の雰囲気がアカデミー賞の途中から明らかに「スラムドッグ〜」のものとなっていたのは、素人目で観ても顕著でした。
これはなにも「ベンジャミン〜」が駄作だったというわけではなく、アカデミー賞以外の賞での実績、そしてそれ以上に、単なるおとぎ話ではなく、インドのスラム街の現実をまざまざと見せつけながらもそこに輝く夢や希望をすがすがしいまでに描ききったダニー・ボイルの手腕を評価してのことでしょう。

日本でもクイズミリオネアは不定期ではありますが、放送されていたことから、なじみの深い題材でもあるので、公開すればヒットはまず間違いないのではないでしょうか。

どなたかもブログで書いておられましたが、物語が終わった後も、席を立たずに最後まで必ずみてください。
ダニー・ボイル監督がボリウッドといわれるインド映画界に対して敬意を表したステキなエンディングが待ち受けています。
| 18:12 | 映画 | comments(0) | trackbacks(2) |
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
評価:
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 2,600
(2009-07-15)
コメント:2時間40分がたおやかにそして静かにながれゆく作品です。

 試写会がありまして、2月7日公開のブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット主演「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観てまいりました。

上映時間は2時間40分。
長いです。
しかし、よい映画はおそらく長さを感じないもので。
この映画ではまったく時間が気にならず、エンドクレジットが流れ出したときに、ああ!もうオワリなのか!と驚きさえしました。

物語の骨子は単純なもので、ベンジャミン・バトンと呼ばれる男性の一生を描いたものです。
ただ、唯一人と彼が異なるのは、肉体に流れる時間の軸が逆、ということ。
つまり、生まれたときには白内障で足腰も弱りきった老人として生まれ、成長するにつれ、彼は徐々に若返っていくわけです。
その結末は予測がつくであろうと思いますが、最終的に彼の肉体は完全な赤ちゃんのそれとして人生をまっとうするのです。

肉体の時間経過が逆というだけで、それ以外は至極普通の少年であるベンジャミン。
にもかかわらず、外見は老人のため、周りからは老人として扱われます。
実の父親も生まれたばかりの彼の容姿に驚き、老人ホームに捨ててきてしまったくらいなのですから。
ただ、思うのです。
老人と赤ちゃんとは外見こそ違えど似通うところがあるのではないかと。
人間は生まれたとき一人では生きていけず必ず介護を必要とします。それは老人ホームで過ごす老人も同じ。一人で生きていくのが困難だからこそ、老人ホームに集い、生活するわけです。
その似通った境遇(?)に身をおけたベンジャミンは幸いひどい差別をうけることもなく、ありのままをうけとめてくれる人たちの中で大きくなります。
そうして運命の人デイジーに出会うことになります。

彼女は人生の半分とまではいきませんが、彼の人生の中で最も濃厚な時間を過ごすことのできた唯一の女性です。
ごく一般的な男女ならば、幼少期に出会い、淡い初恋を感じ、青年期に再会すれば、ごく自然に恋仲となりえたでしょう。
しかし、彼らにとって人生の中でほぼ同年齢の肉体でいられるのはごく短い間だけなのです。
その短い時間を彼らは精一杯楽しみ、共に喜び生きるわけですが、その描写がとても幸せそうで、そして最高に切ないのです。
愛し合う2人の心は固い絆で結ばれています。
なのに、肉体はそれを許さない。
ベンジャミン・バトンの肉体は彼女と共に老いていくことを許さないのです。
彼女はやがて徐々に年老いていくにもかかわらず、ベンジャミンはますます若返ります。

Read more ...
| 14:14 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
WALL - E

評価:
---
THQ
¥ 9,660
()
コメント:かわいいけどグッズ的にはあまり日本人受けしなさそう
興行成績も非常によいスタートを切り、ヒット中の本作。
PIXERが手がけた未来のおとぎ話だ。

700年後の地球はごみだらけ。
ゴミそのものとなってしまった地球を捨て、人類は旅立ってしまった。
そんなごみだらけの地球で700年間ずっとゴミを片付け続けている片付けロボット、それが主演のウォーリーである。

ウォーリーは量産型のロボットだが、自分以外のロボットは故障してしまい、現在はウォーリーのみが地球で働いている。
その700年間の間、彼はオリジナル性を育み、がらくたの中から自分が気に入った物を拾い集めコレクションしていた。
そんなとき、空から巨大な飛行船が到着し、その中から白いロボットが現れる。
白いロボットイヴも最初はウォーリーを牽制していたが、徐々に仲良くなっていく。
700年ぶりに現れたすてきなロボットに心引かれるウォーリー。
彼は自分のコレクションを彼女にみせてみたところ、彼女が強い反応を示す。
それは小さな若葉。

ここからウォーリーの壮大な冒険が始まるのである。

イヴの外見があまりかわいくないこともあって、最初は悪者かと疑っていたのだが、これは計算済みなのかそれとも偶然か、実はいいこだったりして、予想を裏切った展開とCGの美しさに楽しめた。
物語中盤からの宇宙船でのシーンも、コミカルで巧く伏線も張ってあったりして、最後で一気に物語をひっぱりまとめあげていくところはさすがPIXERだなと感心した。
ただ、一つだけ気になったのは700年前の人類と700年後の人類の差があまりにも激しくてちょっと興ざめ。
700年前から進化したとはいえ、実写がアニメになってしまうのはいかがなものか、と思ってしまった。
気にならない人もいるだろうけど、これなら最初からアニメでよかったのにな、とやたら気になってしまった。
そこがクリアされていれば、もう少し素直に楽しめたんじゃないかなと。

でも、結末も途中から読めてはしまうものの、クレジットの間にも人類の再生史が描かれる部分は未来を感じさせて、最近ありがちな人類滅亡のような描き方とは正反対のすてきなエンディングだったと思う。

満点とはいえないが、70点くらいはあげたい作品。
大人もだけど、こどもには十分すぎるほどたのしめる作品じゃないかな。

| 18:31 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
地球が静止する日

評価:
デヴィッド・スカルパ
メディアファクトリー
¥ 620
(2008-12-10)
コメント:小説は読んでません。
キアヌ・リーブス主演。
共演はジェニファー・コネリー、ジェイデン・スミスほか。

1951年のアメリカ映画「地球の静止する日」のリメイクである。
地球を破滅させないためにはその最も根源である人間がいなくなればいい、と他の星からやってきた使者によって人類殲滅の危機に陥る様を描いている。

パニック映画かと思いきや、何人か人間は出てくるものの最低限に近い人間しかこの映画には出てこない。
さらに、メインとなる人間はジェニファー演じる化学者とその息子だけである。
あとはキアヌ演じる宇宙からの使者のみ。
そのためか物語は至極シンプル。

人類の危機に陥っているにもかかわらずその多くの人間は描かれないため、この危機に際して人類がどのようにこの事象を捉え、受け止め、戸惑い、そして苦しみ、悲しみ、怒っているのか、いや、そもそも人類はこの出来事をどれだけ理解しているのか?それさえも曖昧なまま人類の運命はこの女性化学者とその息子に託される。

監督が現在の地球に対する人類の愚行に対して警鐘をならすことを目的としているのならば、もうすこし人類にクローズアップし、今まで人類が起こしてきた愚行そのものを映像で端的にでも表した方がよかったのではないだろうか。

これではまるで、地球の運命というよりアメリカの運命くらいにしか思えない。
実際に舞台はアメリカなので、地球の命運はアメリカの手にかかっているような描き方がされている。
ここまで描く場所を絞り込んだ方が使者の心境の変化を描けるのかもしれないが、そこまでしなくても、いや、ここまでしてしまうと、やや他国の人間は自分の命運さえアメリカだのみにしなくてはいけないのか、我々はこんなときでさえ萱の外なのかとひねくれてしまいたくもなるだろう。

また、使者が地球にやってきたのは人類を殲滅するためなのだが、殲滅する前に、あらかじめ地球に飛来していた同じ仲間に人類のことを聞いたりするシーンがある。
人類も捨てたもんじゃないといわれ、少し考える使者。
そして、ジェニファーや科学者に危機に際した人類はいまだだからこそ自分たちの愚行を振り返り反省することができるはず、チャンスを与えてほしいと懇願され、考えを改める。

いや、かなり高度な文明をもつ人種なんだからわざわざ地球にこなくてもそれくらいわかるだろうに、というか下調べすくなすぎ!!
さらに、情に流され過ぎ!!
人類の愚行と女性科学者の懇願を天秤において考えたら、やっぱり愚行の方が目立つと思うんだけど、まぁそこは多くの人間をひとまとめにして捉えるよりそのなかのサンプルとして選んだ(結果としてだけど)人間をみてみると、これならいけるかな?と思わせる予想外の何かがあったのかもしれない。

そうやっていいように捉えてこの映画を見ると、それなりに楽しめる・・・こともないな。
テレビCMでほとんど映画全部が伝わっている気もするくらい、話としてはシンプルでつっこみどころ満載な映画です。
キアヌじゃなかったら多分ここまで話題にもならなかったであろうことはいうまでもない。
| 17:40 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |