本や音楽、映画のレビューです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ボクを包む月の光1~13巻
「 ぼくの地球を守って」で描ききれなかった部分(特にラストの紫苑の残留思念とか)をこちらでうまく描き切れたのが日渡さん的にはよかったそうです。
面白いし、ところどころで泣けるところもたくさんあるけど、前作の話あってこそだなとおもうところばかり。
それにしても輪くんはおとなになって、ほんと紫苑そっくりになったな、目とか。
髪型が同じだと多分同じ顔だよね。
紫苑大好きだから全然いーんですけどね。
あと、迅八がこの作品だとほとんど出てこないんだけど、別人すぎてなんかよくわからなひ。
蓮が大きくなって、輪がいない世界だと髪型を輪と同じにするとさ、これまた輪と同じ顔過ぎてこわひ。しかもちまこが紫苑にそっくりってやばいっすね。どこまで前世に左右されてるのこの人たち。
って好きだけどね、ボク地球は。全巻持ってるし。
| 12:53 | | - | - |
CIPHER
 「CIPHER」は確か読んだはずなのに、読み返したら全然覚えてなかった!といってもサイファとシヴァが双子なのに学校へは二人一役で通っていたという設定だけは覚えていたけど、アニスのこととか全然忘れてた!
ア ニスはいいな〜友達になりたいっていって、二人の懐にどんどん入り込んでいく感じが嫌味じゃなくて打算もなくて、羨ましい。私もアニスみたいになれたらい いのに!って思うけど、アニスも後半だいぶ女性らしくなって、切ない気持ちを抱えているところをみると女子はやっぱりこうやって相手の事を思うのよねなん てこれまた共感w。
サイファはさ、シヴァとのことが辛いからってLAに逃げるのはやっぱりよくないよね。連絡先も教えずにさ。私がアニスだったら アニスみたいに追いかけたいけど、諦めちゃうこともあると思う。サイファは華があるし、人気者だし。不安を払拭してくれる優しがやっぱり少しは必要だと思 うのさ。
でもこういうときって得てして男は一方的に自分自身のことしか考えずに行動しちゃうのよね。あんなアニスでさえ、思わずシヴァに抱いて欲しいってそれで忘れるって行動にでちゃうくらいだもの(未遂に終わったけど)。
シヴァもディーナのことは辛かっただろうけど、兄弟なんだからなかよくせー!って思うわ。あんたたちのせいで周りはふりまわされっぱなしなのよ!っていいたいwでも憎めない魅力的な兄弟だよね。誰かを思い出しながら読んでました。
| 09:41 | | - | - |
ときめきトゥナイト
 最近、DISCASで漫画を借りてます。 以前は「銀の匙」「夏のあらし!」とか「ツルモク独身寮」とか借りたんですが、「ときめきトゥナイト」が読みたくなって借りました。
私、子ども時 代にリアルタイムで「ときめきトゥナイト読んでたんですが、蘭世&俊のシリーズとなるみ&鈴世のシリーズを読んでいて、途中でやめたんですよね。なので、 なるみ&鈴世がどうなったのか、さらに、蘭世&俊のこども愛良のシリーズは全然読んでない!ということで読みなおしたんですけど、いやー、蘭世&俊はやっ ぱ最高だわ!真壁くんのツンデレ具合がもう今読んでも胸キュン。蘭世もかわいいな〜。まっすぐで。こんなふうに愛されたいわ〜って思いながら没頭してまし た。なにげに神谷曜子の旦那の力さんもいいですよね。一途でw(一回離婚してるけどw)。
なるみと鈴世はちょっとイマイチだったんですが(特に鈴世のキャラが(物語上)変わっちゃうあたりから)まぁまぁ許そう。
し かしですね、愛良シリーズがひどい。ひどいって言っちゃうと申し訳ないですけど、なんか魔女になっちゃったりの衣装が陳腐というか、魔法少女キャラになっ てて興ざめっつーか。しかも池野恋先生の画のタッチが急に変わりだすんですよ、最終巻に近づくあたりから。それがとても幼い感じというか悪い意味で今っぽ くて残念。水上開陸(新庄彬水)のこじつけもぱねぇ。
まぁりぼん自体のターゲット層が低年齢化していたというのを読んでこの展開は納得かなって感じです。全巻通して読んでみると蘭世&俊がいいなっていう人が多いのもやっぱりお話がいい意味で懐かしくて純粋で乙女だからかもしれません。
| 09:39 | | - | - |
ロコ! 思うままに
評価:
大槻 ケンヂ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 620
(2010-02-25)

大槻ケンヂの短篇集。
感動モノからほのぼのものから、ぞわぞわものから様々なオーケンの世界が見られる。
収録作品は以下。

1.ロコ!思うままに
2.モモの愛が綿いっぱい
3.神様のチョイスはKISS
4.アイドル
5.ドクター・マーチン・レッド・ブーツ
6.キテーちゃん
7.怪人明智文代
8.イマジン特攻隊
9.戦士の名は赤ちゃん
10.天国のロックバス もう一度ロコ!思うままに

1,2,3,8,10あたりが結構好きだった。
4は電車の中で読んでて気が引けた。アダルトな描写が結構えぐかったので。
5,6は結構後味悪かったなぁ。
7は江戸川乱歩好きなオーケンならではの視点でなかなかおもしろかった。
9はシュールだよねw

特に、1,2,3はおすすめ。2はヌイグルマーを読んだ人ならぜひ読んでいただきたい。
あと、バンドをやっていた人は3と8と10は読むといいかも。
| 12:22 | | - | - |
夏のあらし!
自分セレクトだったら確実に読まないタイプの作品。
いろんな思い出と絡んでて、この夏の思い出にぴったりかもね。
| 09:44 | | - | - |
左京区七夕通東入ル
評価:
瀧羽 麻子
小学館
¥ 1,680
(2009-07-23)

特別大きな事件が起きるわけでも、心かき乱されるようなドラマちっくな恋愛が起きるわけでもない。
どこにでもありそうな普通の恋愛。
だからこそ心を揺さぶられるのだ。
当たり前のように過ぎていく毎日の中で人を好きになるこの不可思議な心の動き。
そして全て知ったわけでもないのに相手の「全て」に惹かれていく。
主人公が恋をする男性の部屋で彼の今まで見たことない一面を見た時に痛感する「わたしは氷山の一角を垣間見ていただけだった。その下にどれほど大きくて冷たいかたまりが眠っているか、ほとんど理解できていなかった。」というこの一文に惹かれた。

人を好きになるってどうしてこんなに切ないんだろう。
青春や恋愛から遠く遠ざかっていた私にはとても眩しくて切なくて・・・。
なんてことないフレーズに思わずグッと来て涙を浮かべてしまいました。
| 10:46 | | - | - |
江戸の時代 本当にあったウソのような話―知れば知るほど面白い
評価:
---
---
---
()

おっさんが雑学として読むといい感じの挿絵とネタ。まさに話のネタにはちょうどいいかも。江戸時代は職業によって歩き方が違うっていうのが面白かったかな〜。
| 10:50 | | - | - |
The Indifference Engine
 おもしろい短編とちょっと入り込めない短編といろいろ。 屍者の帝国の冒頭を読んでいると、(まだ読んでないけど)円城塔との合作とはまた違った彼だけの「屍者の帝国」を読みたいなぁと思った。もっともっと彼の作品が読みたかったよ!
| 10:53 | | - | - |
僕とおじいちゃんと魔法の塔
評価:
香月 日輪
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 460
(2010-01-23)

お話は素直に面白いけどタイトルがハリーポッターの真似っこみたいで損してる気がするのは私だけか。
| 10:52 | | - | - |
エコイック・メモリ
前作より断然テンポ感、表現力が上がっている。主人公も極端に超越したようなスーパーヒロイン感がないところがよい。ただ、人物によってはあまり深く描き きれてないところがあったり、散々モンスター感を出していたキャラがあっけなかったりとちょっと物足りなかったところもある。特に、途中はテンポ感あった のに、最後のほう急に話をまとめていこうとしてわかりにくくなったのと、全体的に物事の描写が細かい割には頭に絵が浮かびにくいのが気になった。あと、若 干都合の良さ感が見え隠れする(そんなうまく手がかりってみつかるものなの?的なこととか)のがちょっと残念。でも、次回作が出たら・・・一応読むかな。
| 10:55 | | - | - |