本や音楽、映画のレビューです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
歴史に残る珠玉の名作 - ドラマ「芋たこなんきん」
▼作家・田辺聖子の自伝的ドラマ

3月末までの半年間、私は毎朝NHKの連続ドラマをみていました。
藤山直美さん主演の「芋たこなんきん」です。
作家田辺聖子さんの半生を描いたこのドラマは主人公花岡町子がかもかのおっちゃんこと徳永健次郎と出会い、結婚し、彼の5人の連れ子と共に生活しながら大阪の下町で健やかに作家生活を送っていくというものです。

▼藤山直美の存在感

はじまったころは朝の連ドラを見る習慣がなく、目覚ましテレビをみてました。
けれど、何気につけたNHKから聞こえて来る親しみのある方言。
あれ?と思ってみてみると、藤山直美さんがテレビの中で彼女独特の存在感を放っていました。
関西人でも舌を巻く饒舌なセリフまわしとテンポよい会話。
一気にひきこまれました。

▼こんな私でも見続けられたのは

それからはほぼ毎日かかさず見るようになりました。
実は私、ドラマを滅多に見ないのです。1時間見続けるというのが苦手で、まともに見たドラマというものがほとんどありません。
そんな私が見続けられたのは、毎朝15分だけ、という短時間の連続物、さらには藤山直美さんの饒舌な台詞回し、國村隼さん演じるかもかのおっちゃんのひょうひょうとした人物像が魅力的だったおかげでしょう。
Read more ...
| 23:07 | ドラマ | comments(0) | trackbacks(1) |